現時点における特徴

DICOMファイルのサポート

  • すべてのDICOM ファイル (モノフレーム、マルチフレーム) の読み込みと表示
  • 新MRI/CTマルチフレーム形式 (5200 group)の読み込みと表示
  • JPEG 圧縮、JPEG 非圧縮、JPEG 2000、RLE
  • Monochrome1, Monochrome2, RGB, YBR, Planar, Palettes など
  • カスタムな非方形のピクセルアスペクト比をサポート
  • 8, 12, 16, 32 bits
  • 2D/3D 再構成データを ‘SC’ (Secondary Capture) DICOM ファイルとして書き出し
  • すべてのDICOMメタデータの読み込みと表示
  • DICOM CD/DVD (DICOMDIR 対応) 読み込みと書き出し
  • DICOMファイルをTIFF, JPEG, Quicktime, RAW, DICOM, PACS へ書き出し

DICOM ネットワークサポート

  • スタディ(検査)の送信 (C-STORE SCU, DICOM送信)
  • スタディ(検査)の受信 (C-STORE SCP, DICOM受信)
  • C-FIND SCU, C-MOVE SCU (PACSワークステーションへのスタディ(検査)のクェリーアンドリトリーブの送受信)
  • C-FIND SCP, C-MOVE SCP (OsiriX を DICOM PACSサーバーとして使用する場合)
  • C-GET SCU/SCP, 動的IPによる転送をサポート

DICOMファイル以外の画像形式サポート

  • Zeiss社のLSMファイル(8, 16, 32 bits) (共焦点顕微鏡)
  • BioRadPIC ファイル (8, 16, 32 bits) (共焦点顕微鏡)
  • TIFF (8, 12, 16, 32 bits), 複数ページ
  • ANALYZE (8, 12, 16, 32 bits)
  • PNG, JPEG, PDF (複数ページ), Quicktime, AVI, MPEG, MPEG4

2D ビューアー

  • カスタマイズ可能なツールバー
  • バイキュービック補間法
  • マルチスライスCT and MRI (Mean, MIP, ボリュームレンダリング)用シックスラブ
  • 関心領域(ROIs):多角形、円形、ペンシル、長方形、点 など
  • マウスのマルチボタンとホイールスクロールに対応
  • カスタム CLUT (カラールックアップテーブル)
  • カスタム 3×3 及び 5×5 畳み込みフィルター (ボーンフィルターなど)
  • Cardiac-CT と他のテンポラルなシリーズ用の4Dビューアー
  • PET-CTフュージョン画像の透過度調節
  • XA用画像減算処理
  • 外部機能のプラグインでのサポート

3D ポストプロセッシング

  • シックスラブ(Mean, MIP, ボリュームレンダリング) でのMPR(多断面再構成)
  • Curved-MPR法
  • MIP (最大値投影法)
  • ボリュームレンダリング
  • サーフェイスレンダリング
  • 赤/青3D 眼鏡で立体視
  • 3D画像の Quicktime, Quicktime VR, TIFF, JPEG への出力
  • すべての3D Viewer がPET-CT の’画像フュージョン’とCardiac CT の’4D モード’をサポート

最適化

  • ユニバーサルアプリケーション インテルとPower PCプロセッサでコンパイルされたもので動作します
  • マルチプロセッサとマルチコアのマルチスレッドをサポート
  • 非同期読み込み
  • 2Dビューアーとすべての3DビューアーはOpenGLをサポート
  • 3Dテクスチャマッピングサポートにより、グラフィックボードアクセラレート対応
  • 32ビット、64ビット共に対応

拡張性と科学的リサーチ

  • OsiriXは完全にダイナミックなプラグインアーキテクチャをサポートしています
  • B&W 画像やカラー画像のARGB 値に対して、32bit 浮動小数点でダイレクトに画素にアクセスできます
  • ウィンドウの作成と管理
  • ココアフレームワークの全てにアクセスが可能
  • OpneGL による描画の生成、管理
  • IDL より速く、ImageJ より簡単!